快適!自然素材にこだわったインテリア

自然素材の家具の選び方

インテリアを自分の好みに合うようにするため、あるいは整ったコーディネートをするためにはいくつかの法則があります。まとまりがあり、違和感のないコーディネートを選ぶためには、選ぶ家具やカーテンなどといったインテリアの色をそろえたり、テイストを合わせるほかに、明度と彩度といったトーンをそろえることといったものがあります。近年ではナチュラルテイストのコーディネートが人気があり、木材をはじめとした自然素材をふんだんに使用した家具が人気を集めています。自然素材とは、木材やイグサやラタンといった草、障子や照明などに使われる紙、皮革などが当てはまります。自然素材のインテリアを使用する際には、部屋全体の色合いをベージュやアイボリー、カーキなどといったアースカラーにすると落ち着いてまとまりのあるコーディネートになります。

壁を変えて部屋全体を自然素材

インテリアをナチュラルコーディネートにすると、落ち着いて癒しの空間になることからも自然素材を多用した家具をそろえることが人気となっています。しかし、ナチュラルコーディネートにするためには、自然素材の家具やカーテンなどの後付けのものだけでなく部屋全体を自然素材にする方法もあります。自然素材の内装を取り入れることであり、かつてはあか抜けないイメージでしたが、今では種類や色も豊富であり、リフォームの希望が多くなっています。具体的な方法としては、壁材を自然素材である塗り壁か壁紙へと変えることです。塗り壁とは漆喰や珪藻土のことで、壁紙とは布クロスや和紙、紙クロスなどのことです。これらは独特の質感を楽しむことができるうえに、変則的な模様も楽しむことができ、色もさまざま楽しむことができるようになりました。

狭小住宅の場合、動線を考慮しながら間取りを決めることで、利便性を確保しながら快適に暮らせるようになります。