建築士や工事業者の選び方とは?

どんな建築士を探せばいい?

まずはどんな家に住みたいのか家族で話し合い、そのイメージに近いデザインを得意としている建築士を探します。
もう一つ予算も大事ですよね。有名設計事務所、建築士に頼むと、それ相応の金額がかかります。有名でなくてもインターネットで実績や実例集等の画像を確認して、住みたいイメージに近いデザインを数多く手掛けているところであれば間違いないかと思います。この時に気を付けなければいけないのが、設計士や建築士が数名いる場合もありますし、頼みたいデザイーが既に退職している場合もありますので、その画像をデザインした人を指名してコンタクトを取るようにします。
また、今は誰でも簡単に独立できる時代ですが、生き残るのには大変な時代でもあります。事務所の大小や有名無名は関係なく(昔は有名建築家だったけれど・・・というのではしょうがありません)、特にここ最近の実績をどれだけ積んでいるか見極めることも重要です。

コミュニケーション能力が大事!

住みたいデザインの設計士を見つけら、ここからが更に重要ポイントとなります。
有名建築士に頼んだからといって必ずしも住みたい家が手に入るとは限りません。有名無名に関わらず、施主の要望を残らず引き出すための打ち合わせに時間をかけてくれ、コミュニケーション能力に長けた方にお願いするのが一番です。建築士の中には施主の意向ではなく、自分のデザインや嗜好に偏った提案をする人もいるようですので要注意です。
施主の細かい要求や質問にも嫌な顔せずに面倒くさがらず耳を傾けてくれるれ、建築士の「先生」ではなくて一人の人間として魅力的な人、自分のことのように施主の立場で考えてくれる人なら安心してお任せできると思います。ということで、コミュニケーションの能力も実は大事な要素となります。もちろんこれは工事業者にも共通しています。

建築実例とは、実際に建てた家に家具などを配置して住むときの参考になるように、さまざまなデザインやテーマ、イメージなどを紹介することです。